ホテルのファミリープランについてご紹介します

>

幼児・子供料金の違いを確認しましょう

寝具・食事の有無で料金が変わることも

ホテルによって幼児・子供料金の設定はまちまちですので、確認が必要です。
未就学児と就学児などでも料金の設定が変わるホテルもあるようです。
幼児・子供料金割引には様々なパターンがあるのですが、親と添い寝の場合は寝具が不要ですので料金が安くなることや、赤ちゃんの場合は食事がないのでその分割引になる場合、その二つが組み合わさって赤ちゃんの場合は全て無料になる場合もあります。
家族が4人だとして4名で予約をしてしまうと全て大人料金になってしまいますので(特にWebの場合は注意が必要です)、必ず大人の人数と子供・幼児の人数を正しく伝えましょう。
子供・幼児割引が適用されるとかなりお得になる割引サービスです。良く調べて損をしないように、予約時に確認をしましょう。

オフシーズンや平日限定の割引サービス

これもプランやホテルによってなのですが、オフシーズンや平日は幼児・子供料金の割引が普段より多くされている事もあるようです。
幼児・子供に限らず、オフシーズンには割引サービスやお得なサービスが沢山。
例えば、宿泊料金が半額になったり、ルームサービスがいつもより豪華だったりなど。
北海道は冬に行くスキーリゾートのイメージもありますが、北海道のオフシーズンである夏も冬より低料金で楽しむことが出来るのです。冬は雪が積もっている場所には、移動式の遊園地やツリートレッキングなどがあり充分楽しめます。北海道なので避暑地としても最適ですね。避暑地としていくのではなく、スキーリゾートのオフシーズンのホテルが狙い目です。
オフシーズンや平日のメリットとしては、比較的、どの施設も空いている事。混んでいるシーズンよりもゆったりと楽しめますね。


この記事をシェアする